行政書士

行政書士にできることとは?

行政書士は法律の専門家、なのですが、じゃあどんなことができるのか?わかりづらい部分もあります。弁護士のように訴訟やトラブルの解決ための介入などはできず、基本的には法律関係の書類の作成の仕事に限定されるわけですが、作成できる書類の範囲は非常に幅広く、できることはかなりあります。

仕事として多いのは交通事故に関する書類の作成と相談業務です。事故発生状況報告書や自賠責請求の手続き、同意書、加害者への損害賠償の通知書などを作成するほか、その交通事故がどのようなシチュエーションで起こったのか、原因の調査も行うことができます。

話し合いがこじれて交通事故紛争センターを利用する際には提出書類の作成や手続きのサポート、要望があれば同行することもできます。あとは官公署に提出する書類の作成もできます。これは主に権利や許可関係のもので、建設業や風俗営業などの営業許可申請といったビジネス上のもの、さらに外国人が入管する際に必要な書類や車庫証明の申請などもできます。

この点で大事なのは単に書類を作成するだけでなく、代理人として依頼者に代わって書類を提出することができる点です。ここは紛争の解決や訴訟との大きな違いになるでしょう。ほかには会社の定款や議事録の作成など会社の設立・運営に深くかかわる書類を作成する仕事も近年増えています。

規制の緩和などで会社を設立しやすくなったからでしょう。基本的には弁護士法や司法書士法、税理士法などでそれぞれの職業の独占業務が認められている仕事のほかは法律に関する書類作成全般ができると考えてよいでしょう。

関連記事

  1. 行政書士

    行政書士と司法書士にはどんな違いがあるのでしょうか?

    行政書士は法律のプロですが、それだけにほかの法律のプロの資格と比較され…

  2. 行政書士

    行政書士の受験資格は?

    行政書士になりたい、と思ったらまず国家試験への合格を目指すことになりま…

  3. 行政書士

    行政書士の独立開業に必要な資金はどれぐらい?

    行政書士として働いている方のほとんどは将来的に独立開業したい、自分の事…

  4. 行政書士

    行政書士のなり方

    法律の専門家としての視点でさまざまな書類を作成する行政書士。とくに会社…

  5. 行政書士

    行政書士を目指すための勉強時間の目安は?

    行政書士という職業のポイントは国家試験に合格さえすれば誰にでもなること…

  6. 行政書士

    行政書士と学歴の関係

    弁護士、行政書士、司法書士…こうした法律に関係する職業はどうしても高学…

最近の記事

よく読まれている記事

カテゴリー

アーカイブ

  1. 行政書士

    行政書士に求められる営業力
  2. 行政書士

    行政書士の受験資格は?
  3. 行政書士

    行政書士試験に合格後の流れ
  4. 行政書士

    行政書士と司法書士にはどんな違いがあるのでしょうか?
  5. 行政書士

    行政書士試験の合格率は?
PAGE TOP