行政書士

行政書士試験に合格後の流れ

行政書士になるためにはまず国家試験に合格する必要があります。この国家試験には受験資格が設けられていないので学歴や職歴、さらには国籍や年齢も関係なく誰でも受験して目指すことができます。

その意味ではとても広い範囲にチャンスが開けている資格なのですが、見事合格して資格を取得したからといってその後行政書士としてすぐに仕事に就けるわけではありません。この点は弁護士などと同じで難しいところですね。

試験に合格すればなることはできる、でもそれで生計を立てられるとは限らない、ってわけです。合格後にはこの資格で働ける場所を探さなければなりません。就職先としてはやっぱり行政書士事務所が第一の選択肢となります。

ただ1番ポピュラーに思えるこの選択肢はじつはあまり数は多くなく、求人を探そうとするとなかなか苦労させられることが多いでしょう。ではほかにどんな就職先があるのか、となると一般企業の法務や総務、不動産関連・建築業などが上げられます。

契約書や官公署に提出する書類を作成する機会が多い企業で需要があります。ですから合格後の流れとしてはまず自分がどんな業種で働きたいのかを決めたうえで求人先を探していくことが第一となります。そしてそのための就職対策も行っていくことになるでしょう。

この点はほかの仕事と変わりありませんね。ただ専門的な知識を備えていることを資格で証明できますから、あとは熱意ややる気をアピールできるかが問われます。

関連記事

  1. 行政書士

    行政書士に求められる営業力

    行政書士には営業力が求められる、と聞くと驚かれる方も多いかもしれません…

  2. 行政書士

    行政書士の年収はどれぐらい?

    弁護士や司法書士、税理士といった法律・税務のプロは高収入とのイメージも…

  3. 行政書士

    主婦が行政書士になれるのか?

    主婦が頑張って勉強して難関の資格を取得した、なんてニュースをよく聞きま…

  4. 行政書士

    行政書士とは

    行政書士とはおもに法律に関する書類を作成する仕事です。わたしたちの日常…

  5. 行政書士

    行政書士にできないこととは?

    おもに書類作成に関する業務を担当するイメージが強い行政書士ですが、裁判…

  6. 行政書士

    行政書士の需要は?

    合格率が10パーセント前後、弁護士や司法書士などに比べると比較的合格し…

最近の記事

よく読まれている記事

カテゴリー

アーカイブ

  1. 行政書士

    主婦が行政書士になれるのか?
  2. 行政書士

    行政書士にできることとは?
  3. 行政書士

    行政書士にできないこととは?
  4. 行政書士

    行政書士の受験資格は?
  5. 行政書士

    行政書士になるには?
PAGE TOP