行政書士

行政書士試験の合格率は?

合格率はその試験の難易度を判断する大事な材料です。基本的には数字が低ければ低いほど難しい試験ということになるのですが、行政書士に関してはどうでしょうか?じつはこれがなかなか判断が難しい部分もあるんです。この資格の国家試験は実施される年によって合格率が大きく変化することで知られています。

たとえば平成18年度に実施された試験では4.8パーセントとかなり低い数字だったのに対して平成27年度に実施された試験では13.1パーセント、その差は8パーセント以上もあり、どちらの数字で判断するかによって難易度も大きく違ってくるわけです。

ここ10年ほどの間ではこの2つの極端な例を除けば8~10パーセント程度で推移しており、10人に1人弱が合格するというのが一般的な理解となっています。このように年によって数字が違ってくるのにはいくつかの理由が考えられています。

そもそも試験そのものの難易度が年によって異なり、難しい年とそうでない年があるという意見。つまり簡単な年に受験した人の方が合格しやすく運がいいといえるわけですね。それから受験者の数や質の問題もあります。

じつは受験者は年々減少傾向を見せており、先ほど数字が低い例としてあげた平成18年度は約7万人受験したのに対して27年度には約4万4000人程度となっています。

しかも受験資格がなく、誰でも受験することができるので試しに受けてみた人や、合格する力を備えていない人が多ければ多いほど合格率が低くなるという面もあります。それだけに行政書士試験は数字だけで判断できない部分もあるのです。

関連記事

  1. 行政書士

    行政書士の需要は?

    合格率が10パーセント前後、弁護士や司法書士などに比べると比較的合格し…

  2. 行政書士

    行政書士と司法書士にはどんな違いがあるのでしょうか?

    行政書士は法律のプロですが、それだけにほかの法律のプロの資格と比較され…

  3. 行政書士

    行政書士にできることとは?

    行政書士は法律の専門家、なのですが、じゃあどんなことができるのか?わか…

  4. 行政書士

    行政書士とは

    行政書士とはおもに法律に関する書類を作成する仕事です。わたしたちの日常…

  5. 行政書士

    行政書士と学歴の関係

    弁護士、行政書士、司法書士…こうした法律に関係する職業はどうしても高学…

  6. 行政書士

    行政書士にできないこととは?

    おもに書類作成に関する業務を担当するイメージが強い行政書士ですが、裁判…

最近の記事

よく読まれている記事

カテゴリー

アーカイブ

  1. 行政書士

    行政書士と学歴の関係
  2. 行政書士

    行政書士試験の合格率は?
  3. 行政書士

    行政書士を目指すための勉強時間の目安は?
  4. 行政書士

    行政書士試験に合格後の流れ
  5. 行政書士

    行政書士の受験資格は?
PAGE TOP