行政書士

行政書士の需要は?

合格率が10パーセント前後、弁護士や司法書士などに比べると比較的合格しやすいといわれる行政書士ですが、その一方で資格を取得した後によい環境で働くことができるのか、という不安点もよく指摘されます。これはこの職業の需要がどうなっているのか、とも深く関わっています。

簡単に言えば需要に対して供給が少なければ、つまり多くの人がこの職業を必要としているのに対して担い手が少なければ仕事が多く、安定した就職状況が見込めるわけですが、その逆なら多くの人が職にあぶれてしまう恐れが出てくるわけです。

この点に関しては安定しながら増加傾向が見られるといわれています。官公署に提出する書類を作成するのが主な仕事のため、需要が極端に減るというのは考えにくく、いつの世にも必要とされるのが安定している理由のひとつ、それからさまざまな規制の緩和から会社設立が増加しており、そのための仕事が増えているのが増加傾向を見せている理由といわれています。

さらに今後高齢化が進行すれば相続問題に関わる仕事も増えていくことが予想されており、その点では安泰といってもよさそうです。ただその一方で一般企業では人件費の削減などを理由に正社員で雇う人数を減らす動きがあり、必ずしもよい就業環境が増えるとは限らない面もあります。

独立開業で安定した経営を続けるのも決して簡単ではありませんし、社会で求められているからといって安心できず、生き残るための努力や工夫が求められている時代とも言えますね。

関連記事

  1. 行政書士

    行政書士とはどんな仕事?

    行政書士の仕事はおもに認可を受けるための申請に必要な書類を作成すること…

  2. 行政書士

    行政書士は転職しやすいのか?

    行政書士という資格は広く知られていますが、その就業形態に関してはあまり…

  3. 行政書士

    行政書士の受験資格は?

    行政書士になりたい、と思ったらまず国家試験への合格を目指すことになりま…

  4. 行政書士

    行政書士の年収はどれぐらい?

    弁護士や司法書士、税理士といった法律・税務のプロは高収入とのイメージも…

  5. 行政書士

    行政書士になるには?

    高収入・安定職といったイメージも強い行政書士の仕事ですが、やっぱり「な…

  6. 行政書士

    行政書士にできないこととは?

    おもに書類作成に関する業務を担当するイメージが強い行政書士ですが、裁判…

最近の記事

よく読まれている記事

カテゴリー

アーカイブ

  1. 行政書士

    行政書士試験に合格後の流れ
  2. 行政書士

    行政書士の独立開業に必要な資金はどれぐらい?
  3. 行政書士

    行政書士と学歴の関係
  4. 行政書士

    行政書士にできることとは?
  5. 行政書士

    行政書士は転職しやすいのか?
PAGE TOP